犬の歯の生え変わり時期に注意することとは?

犬の歯 生え変わり時期

子犬を家族に迎えた頃、口の中には可愛らしい乳歯が生えていますよね。

人間と同じように犬にも一生に一度、乳歯から永久歯へと歯の生え変わり時期をむかえます。

生え変わり時期はこれからの歯の健康を守るために口の中を注意深く見ることが大切です。

この時期に気をつけたい事や歯磨きの進め方、歯がむずがゆいときの解消アイテムなどを紹介していきます。

犬の歯はいつ生え変わる?

犬の乳歯は生後20日頃から生え始め生後2ヶ月頃には28本の乳歯が生えそろいます。

そして乳歯は生後4ヶ月~6ヶ月頃に生え変わりはじめ、生後7ヶ月~1歳頃には42本の永久歯が生えそろいます。

犬の歯

犬の歯が生え変わる順番

最初に生え変わる歯は切歯(前歯)です。次いで犬歯、最後に前臼歯、後臼歯の順に生え変わります。

犬とおもちゃで遊んでいる時に「切歯がない!」と生え変わりに気づく飼い主さんも多いのではないでしょうか。

犬の乳歯が生え変わる時のサイン

乳歯が生え変わる時期の犬は歯がムズムズして色んなものを噛みたがります。

また口をモグモグさせたり、噛んだおもちゃに血が付いているなどのサインが見られたら口の中をチェックしてみてください。グラグラしはじめた歯が見つかるかもしれません。

犬の乳歯と永久歯の見分け方

小型犬の場合、見分けにくい歯もありますが、一般的に乳歯に比べて永久歯のほうが歯のサイズは大きめです。

また、永久歯は乳歯の内側に生えてきます。(※上の犬歯のみ乳歯の前方に生えてきます。)

歯の生え変わり時期に注意すること

犬の歯の生え変わり時期には愛犬の口内を注意深くチェックする必要があります。

歯並びが悪くなることで、歯石が溜まりやすく歯周病の原因になったり、かみ合わせが悪くなることも考えられるからです。

乳歯遺残に気をつけよう

乳歯遺残とは抜けるはずの乳歯が残ってしまい、永久歯と重なって生えている状態のことです。

特に小型犬にみられることが多く、口内環境に次のような悪影響を及ぼします。

  • かみ合わせや歯並びが悪くなる
  • 口腔内の粘膜を傷つける
  • 歯垢や歯石がたまりやすくなる

このようなことにならないために1歳を過ぎても乳歯が残っているようなら抜歯する必要があります。

ごはんを食べやすいように工夫する

生え変わりの時期は歯がグラグラしたり痛みがあったりして、食べたくても食べられないことがあります。

歯が生えそろうまでは歯の高さも違うので噛むの大変です。

この時期はドライフードをふやかしたり、ウエットフードを与えるなど食べやすい工夫をしてあげてるといいですね。

抜けた歯を飲み込んでしまった

「歯が抜けてるのに抜けた歯が見つからない」という時は飲み込んでしまっている可能性が高いです。

飲み込んでしまったと不安になるかもしれませんが、飲み込んだ歯は、うんちと一緒に出るので安心してください。

歯が抜けたあと出血している

通常、犬の歯が抜けた後の出血はすぐに止まりますが、出血が多い場合や血が止まりにくい場合は動物病院を受診してください。

また念の為、血が止まるまでは引っ張りっこ遊びや、硬いものをかじらせるのは控えておきましょう。

乳歯のうちから歯磨きを習慣づけよう

犬 歯磨き

犬の歯は人間と同じで一生に1回しか生え変わりません。永久歯が抜けてしまうと新しく生えてこないので子犬のうちから大切にケアをしましょう。

子犬の歯磨き

乳歯はいずれ生え変わるので歯磨きは必要ないと思われる飼い主さんもおられるかもしれません。

しかし、生え変わりの時期は口の中の雑菌が増えやすくなるので歯磨きは乳歯の頃から始めるのが理想的です。

それに成犬になってから歯磨きをしようとしても慣れるまで時間がかかったり、抵抗される可能性が高くなります。

新しいことに慣れやすい子犬のうちから歯磨きを習慣づけていきましょう。

子犬の歯磨きの進め方

子犬がリラックスできる体勢を見つけよう

飼い主さんの膝の上や仰向け状態などでリラックスできる体勢をみつけましょう。

まずはじっとしていられることが大切です。

子犬の口元をさわる

リラックスした状態で犬の口元をさわってみる。少しさわってご褒美を与え、「口元をさわられると良いことがある」と結び付けましょう。

子犬のくちびるをめくる

口元をさわられることに慣れたら少しずつくちびるをめっくてみましょう。

「さわるよ」と声をかけ、できたらしっかり褒めてあげることが大切です。

子犬の歯にさわる

犬のくちびるをめくることに慣れたら歯を指でさわってみましょう。

最初は一瞬でもふれさせてくれたら充分です。「いい子だね」「じょうずにできたね」と声をかけながら少しずつ進めましょう。

歯磨きシートを使ってみよう

指に歯磨きシートを巻き最初は犬歯や前歯にタッチし徐々に奥へと進めていきましょう。

歯ブラシをつかう

歯ブラシに犬が好む歯磨きジェルをつけなめさせます。

歯ブラシへの抵抗感を無くし、歯を1本磨いたらご褒美を与え時間をかけて慣らしていきましょう。

歯磨きは最初が肝心です。いきなり歯ブラシを使うのではなく、少しずつステップアップしましょう。

犬が歯磨きを嫌がらず、毎日継続できるようになることが大切です。

犬に噛むおもちゃを与えよう

歯の生え変わり時期は歯がむずがゆく、色んなものを噛みたがります。

この時期の子犬は噛む力も強くなり、甘噛みや破壊行動で飼い主さんを困らせることが多いのではないでしょうか。また、家具やスリッパ、タオルなどを噛んで誤飲する可能性もあります。

そんな時は、歯のムズムズを解消でき、同時にデンタルケアもできるおもちゃを与えてあげましょう。

おもちゃ選びのポイント
  • 壊れにくく丈夫なもの
  • 程よい弾力性があるもの
  • ボタンなどがついていないもの
  • 犬の体型や口に合ったもの

オススメのおもちゃ

¥705 (2022/07/27 12:53時点 | Amazon調べ)

3歳以上の犬のほとんどにはなんらかの歯科疾患があると言われています。いつまでも健康な歯を維持するため乳歯のうちからデンタルケアをはじめていきましょう。